スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜日の午後 

確かにあのとき予感はしていたのかもしれない。

30分後のあたしが、電車の中でつまらなそうに携帯をいじる大学生になっている、予感。



***



30分前、
あたしはある本屋さんにいた。

活字を欲する脳の欲求に素直に従って。


しかし、入ってはみたものの次々と手に取るものに魅力を感じることができず、
レジに持っていくほどの好奇心と期待感を呼び起こす本には出会えなかった。




こういう時って、
諦めて出口の自動ドアを抜ける瞬間がたまらなく憂鬱。

読みたい本が見つかった時のわくわく感や嬉しさを思い浮かべてしまったことに、
ひたすら後悔しなければならないから。


あぁ、入らなければよかった、と。


本屋さんって、好きだけど、嫌い。





そしてあたしは今、
車内アナウンスをぼーっと聞く、つまらなそうな大学生。

予感は的中していたことになる。


更に運の悪いことに、
アナウンスはあたしが乗り換える予定の電車が架線トラブルで運転見合わせだと告げた。

お急ぎのところご迷惑をおかけして大変申し訳ございません、と。




今日は、ついてない日だ。




手に入らないほど欲しくなるという法則に抗うことなく、
高まるばかりの活字への欲求。





***



あたしは基本的に本の貸し借りはしない。

場合によっては貸すこともあるけれど、
借りることは滅多にない。


理由は簡単で、人に借りて満足した試しがないから。
切ないことに。



だから、おすすめの本があったら貸して、というセリフを言える人ってすごいな、と思う。

だって借りた本が、ページをめくるのが億劫で義務作業みたいになっちゃう本だったら、返すとき何て言えばいい?


つまらなかったなんて言えないし、
でも興味深かったなんていかにも嘘っぽいこともいいたくない。


あたしは、変なところで建前が苦手だ。



理由はもうひとつある。

おすすめだよ、といって貸してくれた本に、
魅力を感じることができなかったら、
貸してくれた子に対してどうしようもなく申し訳ない気持ちになる。

なぜだか自己嫌悪すら感じてしまう。

誰かが、素敵、と思ってることに対して共感できないって、悲しい。


でもそれって水の流れが原型をとどめられないのと同じくらい当たり前のことで。



あたしは自然の摂理に抗おうとしてるのかも。

スポンサーサイト

保健室 

こんにちは、澪です。
今、4週間の実習で中学校にきています。




暑い。

寒いのも苦手だけど暑いのはもっと苦手。



ましてや、スーツなんだもの。

もう少し過ごしやすい気温がいいなぁ。


春はもう過ぎてしまったの?







給食を食べて、
内科検診も無事終わった後の昼下がり。


外は光化学スモッグ注意報が発令されたことで明確に証明された、
正真正銘の晴れた青いソラ。



ふいに、机の上のプリントが一枚宙に舞う。


開け離した窓を通り抜けてきた風が、
あまりに心地よくて、プリントが表や裏になりながら床に落ちてゆくまで、ぼーっと眺めてしまっていた。




時間が、ゆっくり流れている感じがする。






回転椅子をくるりと回して窓を閉めようとすると、
校庭で長縄の練習をしている生徒が目に入って。




せーのっ
いーち、にーぃ、さーん、しーぃ、ご…



あ、ひっかかった。

回す人がうまくないとすぐひっかかっちゃうんだよね、と思いながらしばらく眺めて。






入力の続きをしようとパソコンに向かい直すと、
スクリーンセーバーの画面に切り替わっていた。






あぁ、なんて幸せな時間なんだろう。


思わず呟いてしまいそうになりつつも、プリントを拾って、入力作業に戻った。









今日はバスケ部の朝練、放課後の部活にお邪魔しました。



朝は8分間ランニング+シューティング

本気出して走りました。



今日一日足がふわふわしてたのは、絶対そのせいだ。

小さな 

あたしは、割と小さなことで幸せを感じることが出来るタイプだ。


例えば、
今改札に入るときにポケットから出したパスネット。


パスネットの柄が、ピンクというより、桃色でかわいかった。
そういえば、この間買ったときに新しい柄になってたっけ。


忘れてたから、余計に嬉しかった。


そして、悩んでいたことも忘れてしまう。


彼には、幸せな性格だね、と言われるけれど、
あたしだって元からこんなおめでたい性質を持ち合わせていたわけじゃない。


人は生きていくために、
自分には不都合な事実や心身に強烈な害を及ぼす情報を「忘れる」という防衛機制を持っている。


もちろん、防衛機制としてではなく、ただ単に不必要な情報を記憶に留めないという性質もあるけれど。


つまり、あたしは前者の力が働きやすい、そういうことだ。


正確には忘れるのではなく、記憶につながる神経回路が鈍くなるだけなのだけれど。
極端な場合はショートしてしまうのかな。


小学生にして神経性胃腸炎になるほど神経質だったあたしは、
思い込むことによって自分をコントロールし、いつの間にかおめでたい性格を手に入れることが出来た。


おめでたい性格は、とても楽だ。

とても楽なのだが、
自分に処理できないストレッサーが加わったとき、その性質は崩壊する。


それが、怖い。


このままでは、教職についても持たないのではないかと不安なのだ。



進路に、悩んでいます。笑





昨日どうしても学校に行けなくて、
それは意思が弱いのかなんなのかわからないけれど。
ベットから抜け出せない病。


久しぶりにばったり会った友達にも「顔に疲れが出てるよ」と言われてしまった。


日常的に悩んだりしないあたしにとって、
そんなはずはない!と思っていたのだけれど、


今日、用事があって研究室に行ったら、
助手さんにも「なんか、疲れてる?」


とつっこまれてしまった。メイクは完ぺきなのに!




自覚してないけれど、
悩みが現れているのだろうか。
恥ずかしかった。


悟られるなんて、まだまだ。笑
というか軽くショック。

自分的にはそこまで悩んでないんだけどなぁ。


ストレスとは、そういうものなのかもしれない。


いくら外見が綺麗でも、中身が充実していなければ
魅力的には見えないしね。ほんとに。

魅力的な女性を目指して頑張ります。笑





冬の乾燥した冷たい風は肌を乾燥させるけれど、
心身がきゅっと引き締まって厳かな気持ちになる。


頭が冴えて、考え事が巡る。。


あぁ、考えたくない。





大丈夫。


今年は大吉なのだ。笑

バトン 

なんだか今夜はブログ欲が・・・笑

だいすきなくればさんのブログから、バトンを拾って来ました。
(勝手にやっちゃいましたー)

more...

先生 

新年ということですが、
新年を迎えて早々、あたしってこのまま進んでいっていいのだろうかと自分の人生に疑問と不安と抱いている澪です。


だって、そもそも先生が適職とは思えない。

彼の上司に言わせて見れば、
「澪ちゃんって先生になりたいの?変わってるねー」
っていう。

それ聞いたときに初めて、

 あ、、言われてみればそうだよね。先生になりたいなんて、ほんと変人かも。

とあたしは思ったのですが。




そもそもあたしが先生を目指すようになったきっかけは、
まず父親が中学校の教師だったこと。

まぁ、親の職業にまず興味を持つっていうよくあるパターンです。

で、次に、母親が薬剤師だったので、医療系にも興味がありました。
特に母方は医学系の家系なので母の実家は病院で、小さい頃から病院には慣れ親しんでいました。

父親の職場もまた然りで、学校にはよく遊びに行っていました。

なので、あたしの小さい頃の遊び場といえば、
学校か、病院だったのです。


で、ある時、

先生とお医者さん両方できるのって保健室の先生じゃん!!

と気づいた。
・・・んだと思います。わかんないけど。笑



また、小学校の頃はちょっとだけ体調を崩しやすい子だったので、
あたしは保健室の先生によくお世話になっていました。

教室とは違う、ベットやあったかい保健室、
いつも笑顔で迎えてくれる先生が、とってもとってもだいすきで。



今思い出すと、あたしは仮病をよく使う子でした。笑

教室では学級委員を勤め、成績も優秀、俗に言う「優等生」だったはずなのに、
なぜか仮病をよく使って保健室のベットで寝てました。

ほんと、なぜか。笑


まぁそれを児童の心理発達段階などから客観的に自己分析すると、いろいろ見えてくるわけですが、今は置いときます。笑


そんなこんなでだいすきだった保健室。

しかも自分の興味対象の両面を兼ね備えている!

これはもう、養護教諭になるしかない!と。



いろいろと若干の迷いはありましたが、
つまりは養護教諭への想いは、小学校からずっと続いていたことになります。




ちょっと話は脱線しますが、
「先生のこども」ってどういう風に育つんだろう?

ほんと勝手な推測ですが、
①優等生タイプ
②問題児タイプ

に分かれたりするんでしょうか・・・


あたしは①のタイプに育ってしまったため、
ほんと平凡な人間です。。

ちょっと自虐的に言えば、ありきたりな考えしか言えない型にはまった人間です。


今までは無難に無難に生きてこれたのですが、
当たり前だけれどこれからはそうもいかない。

採用試験のための小論を書いたり、面接練習をしてると、どれだけ自分がつまらない人間なんだろうかとイライラします。

ほんっと、、、
イライラというか、悲しくなります。


っていうか、嫌いになりそうです。

あたしの嫌いなタイプです。笑(ぇ・・・
あー、、




で!

逆に、あたしの彼は「勉強はできるし頭もいいけど」っていう条件つき②の問題児タイプ。

あ、彼のお父様は教師ではないんですけど。


そしてばりばりの文系なので、理屈っぽい。(ちょっとそれは嫌な時もあります笑



彼と話していると、自分はなんて平凡なんだろうと、感じるのです。
世界が狭い中で生きてきた証拠なのかな、と。苦笑



実はそんな彼も、あたしと出会ったばかりの2年前は、教師を目指していました。
なんだろう、表も裏も経験してきた彼は、凡人ではないのです。


うらやましく、思います。





そして、あたしは教師になるべき人格なのか、
また教師に本当になりたいのか、

今、迷いの中に入りそうなところなのです。

大学に入ってカフェでバイトを始めて、本当に楽しくて、カフェ関係の仕事をしたいと思ったこともありました。

が、
結局は自分が選んで乗ってしまったレールの上からはずれるのが恐くて、または小さい頃からなりたかったという理由にしがみついて、
乗り換えられなかったのです。

もちろん、そこには大学の資金を出してくれている親への気持ちもあります。


この先どうするかなんて、答えは自分で出すしかないのですが、
気持ちを整理したくてこんな駄文を書いてしまいましたが。。




2007年、、
濃い1年になりそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。