スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜 

桜、満開。

嬉しいね!!
でも、咲いてしまったら後は散り行くもの。


薄ない命だからこそ、美しく見えるのかな。



受験で古典を勉強してた妹から聞いたんだけど、
桜はすぐ散ってしまうから価値があるとされてきたらしいです。


日本文化って、
やっばりなんか好きだな。
季節や恋心を詩で詠んできた昔の人たちって、
すごくすごく素敵だなぁと思う。







誰も命

無駄にしないように

君は命に

終わり作ったよ





最近、大好きでたまらない

RADWIMPSの『有心論』の歌詞。




恋人の失われた命?心?を歌った歌なんじゃないかとあたしは解釈したのだけれど。

このフレーズが、ずしーんときました。



大切な人の命を失ってしまった人は、

命の重みを一番感じている人なんじゃないかと思う。


あたしは、

幸い、まだ。



命は大切だと、いくら言葉で言っても、

伝わらないし、

やっぱり経験しないとわからないものなんじゃないかと思う。



でも、

そんな辛くて苦しい体験なんてしないほうがいいに決まってる。


結果的によかったって思える日がいつかきたとしても、

それは結果でしかないのだから。



でも。

失ってから、失いそうになってからしか、
人は大切なものに気付くことができないのかな。

とも、思う。



悲しいね。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://cappuccinonn.blog84.fc2.com/tb.php/23-42477edd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。