スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すれ違い 

相手の立場に立って考えること、

相手の気持ちに共感しようと歩み寄ること、

相手の気持ちを少しでも理解しようと努めること、

なぜ、
学校のこどもたちや友達に対して出来ることが、

彼に対してはできないのか。

どうして理解してくれないの?
どうして優しくしてくれないの?
どうして?

そんな自分勝手な想いばかりが先行してしまう。

こどもですね。笑

どんなときも冷静な彼。

喧嘩の時はどうみてもこどもなあたし。

その温度差に、余計にむきになってしまう。

酸性とアルカリ性は正反対。
だけど同じモル濃度で中和する。

でも、
違う細胞でできた人間同士の感情は、
正反対の同じレベルでぶつかりあった場合、
中和するどころか、ぶつかりあって弾けてしまう。

言葉ひとつで、
嬉しくなったり、悲しくなったり、苛立ったり。

まだまだ
手探りなあたしたち。

探りすぎなのかな。

どちらにせよ、
また喧嘩をしてしまいました。

こんな結果を望んで会ったわけではないのにね。

お互いを思いやる気持ちがすれ違ってしまった所以の喧嘩は
後味が悪いもので。

相手を思いやったつもり…
そのつもりの気持ちが相手に伝わらなかったら、苛立つのが人間らしい感情なのかもしれないけれど。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://cappuccinonn.blog84.fc2.com/tb.php/28-d23edc40

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。