スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬のココア 

こんにちは、澪です。

今日は実家のパソコンから更新しています。

はじめての方で、澪のことを知りたい人はリンクの前略プロフィールをご覧ください。
たいしたことは書いてないのですが、参考までに。



↑ランキング参加してみました。



最近寒くて嫌だなーと思っていたら、実は今年は暖冬だそうですね。
そういえば、去年の今頃はもうコート着てたかも・・・

ひとつ前の日記にも書いたけど、あたしは末端冷え性なので、
とにかく寒いのは苦手です。

だって、
さっきまで解いてた問題集の字も、なんだかへなへなした元気のない字になってしまって
嫌になって中断しました。

で、今blog書いてます。
でもこうしてキーボードを打つ手も、結局かじかんじゃってうまく動かせないし。。
さっきからミスタッチの連続です。


あたためたマグカップを両手で持って、マグカップから手へ、熱伝導させながら(笑)頑張っています。




マグの中身は、ミルクティ。

普段は、断然ブラックコーヒーやストレートティー派なのですが、
寒いときに飲む、甘ーいミルクティはあたしの中で特別です。


冬になると、甘いものがいつもにも増して欲しくなるのってあたしだけですか?

寒いから、体の熱産生のための糖代謝があがる影響なのかな、なんて思ったりしていますが。



学校に行く前に寄るコンビニで買うものといえば、
今までは決まってキシリトールガムボルヴィックからだめぐり茶だったのに、

ここ最近は専らダースのブラック午後の紅茶 ロイヤルミルクティーです。

放課後、学生ホールで勉強してるときなんか、
80円の紙コップで出てくる自販機の前に立つと、押すボタンは決まってココア

あの甘ったるさが、たまんないんだよね。

とはいっても、コーヒーやストレートティを甘くするのは許せない澪です。
あくまで、冬のココアとミルクティだけね。




暖冬に関連して。

大根や白菜が大量に廃棄されてしまうと、いうニュースがやっていました。

今年は日照りも良かったお陰で例年より大根や白菜の出荷量が多いそうです。
でも出荷量は多いのに、暖かいからおでんや鍋料理をする家庭も少なく、売れ行きがそこまでよくない。

需要<供給の関係ですね。

で、市場にも出荷できないほど白菜や大根が余ってしまって、泣く泣く廃棄するしかない農家が多いそうです。

今までは、

出荷量が多い(需要<供給)

野菜の値段が下がる

安いからみんな買う(需要=供給 に近づいてゆく)


で、需要と供給のバランスが保たれて
結局はそんな廃棄するほど野菜が余ることもなかった。

これが市場の基本的な仕組み。


じゃぁなんでそんなに廃棄しなくてはいけないのか。
農家が間違っていつもより多く作ってしまったから?
そんなわけないよね。


「今は安いものを買ってメニューを考える主婦が少ないから、余ってしまうようになったのではないか。」

と経済に詳しい専門家がコメントしていました。



経済のことはよくわからないけど、
あたしが思ったのは日本は本当に恵まれているんだな、ということ。


日本ほど、物を早く捨ててしまう国はないとよく耳にするけれど、
本当に「もったいない」という言葉が失われつつあります。

物やサービスが溢れている。
余ってしまうほどに。

余るどころか、足りない国はたくさんあるというのに。

教育に関する本のどこかで、
「日本は豊かになった。しかしその豊かさによって心の豊かさが失われている。」
という言葉を読みました。


教育現場で起きている様々な問題の背景要因はひとつではないし、昔から変わらずにある問題もたくさんあります。

でも、この「物の豊かさ」は、
変化してゆく現代社会がもたらしているこどもたちへの影響のひとつだと、いえるんじゃないかな、と思います。


とにかく、我が家のお鍋には、今夜も白菜がどっさり入っています。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://cappuccinonn.blog84.fc2.com/tb.php/5-f2c0d5ea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。