スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

条件 

電車の中で、小中一緒だった男友達に遭遇。

なんとなく気付かない振りをしてしまいました。

いつどこで誰に会うか、
言い換えれば、誰に見られてるかわからないものですね。

変なことしないように、常に気をつけないと。笑

男の子って、高校~大学にかけて急に痩せたりするよね。

今日会った彼も、なんだか痩せて雰囲気が大人っぽくなっていました。

それに、女の子はあんまり中身は変わらないけど、男の子って中身も変わる。

去年の成人式で会った時にすーごくやんちゃだったコが、急に落ち着いた喋り方をしてるのを聞いたときはほんとにびっくりしました。

ほほえましい、っていったら何様?っていう感じだろうけれど。

彼も、中学の時はかわいかったのにな。笑

そういえば、いじめっこだった男の子とmixiで最近再会してしまったのですが、
その男の子のページを開いたら、友人からの紹介文に
「○○くんは、優しくて頼りがいがあります。」と書いてあった時は笑っちゃいました。



今日は学校も休みで、夕方まで予定がなかったので、

彼と街をぶらぶらしてきました。

カフェでランチなんて本当に久しぶりで。
ゆったりとした時間を過ごせました。

この間、彼があたしの好きなところを「趣味があうところ」と言ったことは、
あたしをものすごく切ない気持ちにさせたのだけれど、

それもいいかな、と今日思えました。

本と、コーヒーと、まったりできるカフェ。

あたしも彼も、すきな物が同じなのです。

だからデートは専らぶらぶら買い物しながらカフェデート。

おいしいランチを食べながら、或いはコーヒーやティーを飲みながら、
最近読んだ本の話やお互いの話をします。

今まではひとりカフェが好きだったんだけど、同じ物が好きな話し相手がいるカフェはもっと好きだな、と。



恋人に必要な条件は?

という話を心理学部に通う友達としていた時、

彼女は

「嫌いなものが同じこと。好きなものは違ってもいいけど、嫌いなものが違うときついよー」

とお笑い芸人を例にして言っていました。
その時は、確かに。と納得していたのだけれど、

今は、どっちを選べって言われたら逆かなぁ。

でもまぁ、笑いのツボが同じっていうのは重要だと思います。

高校の時つきあってた彼とは、笑いのツボがまったく合わなくて、辟易してたのを覚えています。

ある時一緒にテレビを見ていた時。

あたしの嫌いな芸人さんが出て来て、うわー笑えないーと呆れるあたしの横で、
彼はたまらない、とお腹をよじらせながら笑っていて。

なんだかその時、彼をまるで他人のように感じてしまったのを忘れられません。
ものすごく小さいことなんだけれど。笑

でも、笑いのツボって価値観のひとつだから、やっぱり大事だとあたしは思います。



そういえば、唯一、
今つきあっている彼と今まで行ったデートの中で意見が分かれたのは、夜景でした。

横浜のランドマークタワーからの夜景を眺めていた時のこと。

キラキラ光る万華鏡のような光景、
さっきまでこの中のどこかにいたんだ、、と自分がひどく小さく感じるのと同時に、
街の綺麗なものが全て自分のものになったような感覚。

そんな風に夜景に魅入るあたしの横で、彼はこう呟いたのです。

「この綺麗な明かりの下で、きっと数え切れないほどの犯罪や悲しみや憎しみがひしめいているんだろうな、と思うと、なんだかひどく悲しいようなやる瀬ないような感覚になる。そう考えてしまうからあんまり好きじゃないな。」

と。

もっと違った言い方だったかもしれないけど。とにかくそんなことを言っていました。

ショックでした。

あたしが感動してるのに、なんてこと言うの?という気持ちではなくて、

むしろ、自分はとてもつまらない女なのかもしれないと、気付かされたようなショック。

この人は、
憎しみや悲しみや、そういう重くて黒い物を背負って、あたしには図り知れないものを背負って生きてきたんだな。と。

呟いた彼が、あたしの目には美しく見えました。

スポンサーサイト

Comments

たとえ同じ風景を並んで見てたとしても、見えているもの、あるいは感じているものは全く違ったりしますよね。
まぁ、体積をもった物体が同じ座標軸にとどまることはできないから、それは自明のことなんですけどね。。
だから、相手が何を感じているかってのを考えて、少しでも相手に近づくことしかできないんですよね。そこが恋愛の楽しいとこなんすけど笑"
あ、俺も笑いのツボはかなり大事だと思います!

くればさんへ

「~そこが恋愛の楽しいところ」と言えてしまうくればさん、ほんとに高校生ですか?笑。言われれば、あぁ。ってなるんだけど、それを言語化できるって実は難しいことだと思います。高校生のとき、こんな素敵な男友達なんていなかったなぁ笑

くればさんの書く言葉たちがほんとにすきなので、ついついこんなことばっかり書いてしまいますが、嫌だったら言ってくださいね。笑

  • [2006/12/06 22:50]
  • URL |
  • 澪(管理人)
  • [ Edit ]
  • TOP ▲

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://cappuccinonn.blog84.fc2.com/tb.php/8-9842d9ae

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。